小児歯科

予防が大切!子どもの虫歯

当医院ではお子様のお口の状態に合わせ、発育に合わせた治療計画を進めております。子供の歯は虫歯になりやすいです。早期発見が大事であると同時に、予防が重要です。一人で上手に歯を磨けるようになるまでは、必ず仕上げは保護者の方でしてあげてください。

年齢別予防法

1~3才

この時期は、定期検診がとても重要です。
小さい子どもへ負担のかからない低濃度のフッ素塗布と、保護者の方への食事・歯磨き指導を中心に行います。

3~5才

定期検診をしっかり行ってください。フッ素塗布、食事指導の他、子どもが自分で正しく磨けるように歯磨き指導を行います。

6才

「六才臼歯」がはえてくる大切な時期です。はえたての歯は虫歯にかかりやすく、咬む面の溝が深いので磨き残しが多くなります。六才臼歯が顔をだしたら一度ご来院ください。

6~12才

成人の方と同じ予防処置を行なっていきます。

歯科医院で行う、子どもの予防歯科

小さな子どもの虫歯は、保護者の方の管理が大変重要です。
正しい知識を持って最適なケアを行い、虫歯を作らない様にしましょう。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素がより効果を発揮するのは永久歯が生えてきた時期の歯です。
生えたての歯にフッ素によるケアを行うことで、より効率的なむし歯予防につながります。
3~6ヶ月間隔でフッ素塗布をすることにより、より効果的に歯を強くすることができます。

シーラント

シーラント

生え変わったばかりの永久歯は、歯の溝が深く、汚れがおとしきれずに虫歯になりやすい状態です。シーラントとは、歯の溝をフッ素の樹脂で埋めて、虫歯予防をする方法です。
永久歯に生え変わりはじめた幼稚園年長~小学校低学年のお子さんは、ぜひご相談ください。

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 歯周病
  • インプラント
  • 義歯(入れ歯)
  • 根管治療
  • 予防処置
  • 矯正歯科

医院のご案内

  1. 鵠沼アルカディア歯科・矯正歯科
  2. 二俣川アルカディア歯科・矯正歯科
  3. 大倉山アルカディア歯科・矯正歯科
  4. 上大岡アルカディア歯科・矯正歯科
  5. アルカディアインプラントセンター