インプラント

インプラントとは

インプラント治療とは、虫歯や歯周病などで失ってしまった天然歯の代わりに、チタン製の人工歯根を骨に埋め込み、それを土台として人工の歯を装着し、かみ合わせを回復する治療法です。
他の治療法と比べて歯冠から歯根まで審美的にまた機能的に修復または回復させることが可能です。入れ歯のように脱着する方式ではない為、限りなく自分の歯と同じような感覚で噛むことができ、見た目も天然歯のように見え、気にならないのです。
インプラントをすることによって、失ってしまった自分の歯を取り戻すことが出来るのです。

インプラントの構造

インプラントは、顎の骨に埋め込むインプラント体(人工歯根)と、上に被せる上部構造(インプラント義歯)、それらを結合させるアパットメント(支台)から構成されています。

上部構造(インプラント義歯)
実際に見える部分はこの部分です。白いセラミックの被せ物で、天然の歯と同じような光沢感があります。この部分だけをはずして掃除をしたり、交換したり出来るような仕組みにも出来ます。

アパットメント(支台)
フィクスチャーの上に取りつけられる部分で、セラミッククラウン等の上部構造を支える役割を果たします。通常チタンかチタン合金製ですが、審美性に優れたセラミック製のものもあります。

インプラント体(人工歯根)
直接、骨の中に埋められる部分で、チタンで作られています。チタンは、非常に生体親和性が高いため、金属アレルギーの方も安心してインプラント治療が受けられます。

インプラント長所と短所

長所
・健康な歯を削る必要がありません
・噛む力はほぼ天然歯と同じくらい
・審美的にも機能的にもほぼ天然歯と同じようになる為、快適にすごせる
・噛む力を支える歯が元のように増え、周りの歯に負担がかからないため、残っている歯にも良い
・発音に支障が少ない

短所
・骨の量によってはインプラントができないこともある
・保険が利かず効果なイメージがある
・全身の健康状態が良くない場合はインプラントができないこともある

インプラント治療の流れ

(1)カウンセリング

本人のインプラント希望部位をヒヤリングし、インプラント治療に関する説明を行います。

(2)問診、検査、診断、CTスキャン

口腔内の顎の骨の状態や歯肉の状態を診査します。
他に、お口の中の虫歯、歯周病、歯の欠損状態、噛み合わせ等の診査から、全身の健康状態の問診、診査を行います。
また最重要診査として、歯科用CTスキャンによるあごの3次元画像による診断、解析を行います。
最新のデジタルCTスキャンの導入により高精度の画像が得られるため、安全で確実な手術を可能にします。

(3)インプラント埋入手術

インプラント埋入予定の場所に、最小限の切開をおこない埋め込みます。
一般的に、入院などの必要はありません。
術後の食事やハミガキ、薬の服用については主治医の指示に従ってください。

(4)抜糸、経過観察

手術の1週間後に抜糸をし、2週間後に経過観察を行います。念のためレントゲン検査をいたします。

(5)歯冠の装着~メンテナンスへ

製作した最終上部構造(歯冠)を装着します。
かみ合わせの調整を行います。
その後、3~6ヶ月毎のメンテナンス(予防治療)に移行します。

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 歯周病
  • インプラント
  • 義歯(入れ歯)
  • 根管治療
  • 予防処置
  • 矯正歯科

医院のご案内

  1. 鵠沼アルカディア歯科・矯正歯科
  2. 二俣川アルカディア歯科・矯正歯科
  3. 大倉山アルカディア歯科・矯正歯科
  4. 上大岡アルカディア歯科・矯正歯科
  5. アルカディアインプラントセンター